ディスク犬への道のりは長いなぁ・・・byピース


by peacejrt
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2008年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

姉さん、事件です

a0040708_1718535.jpg

昨年ダニエルの襲撃に痛い目にあったので、今年は気をつけようと思っていた。すでにナチュリースプレーも購入済み。メタルも探し出して、準備はしていたのに。暖かかった土曜今朝もスプレーをするのを忘れて散歩に行ってしまった。散歩から帰ってコームで確認していたらチビダニエルを発見~! まだ毛の表面にいたから早期発見できてよかったけど~、今年のダニエル降臨早すぎだよ。とりいそぎ魔除けのメタル装着!
そして夕方には庭で羽化したばかりのチビ蚊を目撃~! これも早すぎ~! 地球温暖化の影響がここにも?
そして夕方仕事のため外出したところ、夜P婆から連絡があり、ピースが部屋から脱走。居間のローテーブルの上に私が置き忘れた2色ボールペンが噛み砕かれていたとのこと。
原因はなんとなくわかっていて昼間私が仕事の準備や連絡でピースを無視してバタバタしていて、そのまま出かけてしまったので不満だったんだと思う。だけど今更バーディに弟子入りするのはやめて~。ボールペンの残骸の量からすると、食べてはいないと思うんだけど…。
[PR]
by peacejrt | 2008-03-30 17:18 | Comments(2)

ピースの消灯時間

a0040708_152544.jpg

不思議なことですが私が夜11時までに帰ると部屋の入り口まで出迎えてくれるビースが、11時を過ぎるとベッドの布団の中で寝たまま出迎えてくれない。どうやら11時消灯らしい…。
[PR]
by peacejrt | 2008-03-27 01:05 | Comments(0)

ピースとの10の約束

a0040708_0164824.jpg

1、遅く帰ってきたからといって、私に謝らないでください。私は何も気にしていません。たとえ夜中でも。今から何時間でも遊べばいいではありませんか。

2、休日に寝坊したからといって、謝らないでください。友達と遊びにいく予定だったのを断って、夜まで私と遊べばいいのですから。

3、二日酔いで朝の散歩に行けなかったとしても、気にしないでください。会社を休んで、ゆっくり散歩に行けばいいのですから。

4、私のごはん用の馬肉を注文するのを忘れて、スーパーで買ったラム肉を長期間食べさせるときは、計算して少し量を減らしてください。あとで結局ダイエットさせられるのは私なのですから。

5、しばらく私の歯を磨くのを忘れていたからといって、突然ゴシゴシ長い時間磨くのはやめてください。毎日少しずつ磨けばいいのですから。

6、寒いからといって部屋の中からボールを投げて、私を運動させたようなつもりになるのはやめてください。私はチワワではなく、ジャックラッセルテリアなのですから。

7、私が寒さを感じる冬の夜は、いつもベッドで私を抱いて寝てください。あなたの温もりをいつも私が感じれるように。でも夏はそのかぎりではありません。

8、私が他の犬と仲良くできないからといってダメな犬のように感じるのはやめてください。シロとは喧嘩しない程度の分別は持っているのですから。

9、私がいつもあなたを見つめていることを、決して忘れないでください。あなたがおもちゃを隠している場所を、私はすべて知っています。

10、あなたが長い外出から帰ってきたときに、私が出迎えなかったとしても、私をしからないでください。私もわざわざ布団からでていくのはおっくぅなのです。でも、その後永遠に酔っぱらいにべたべた責められるのなら、しかられたほうがマシかもしれません。

そして、いつも覚えていてください。私が紫色のキューキューボールを心から愛しているということを…。
[PR]
by peacejrt | 2008-03-19 00:16 | Comments(8)
a0040708_18502820.jpg

a0040708_18502999.jpg

数日前。
いつも平日の朝の散歩はシロとP婆と一緒に行っていた。
近所に周りを山に囲まれた穴場な公園があって。あまり誰も来ないのでシロとピースを放して、ボールで遊んだり、してた。
山から階段を下りてくる小道があって、ある日そこからゴールデンをつれた男性が公園に入ってきた、ようだ。私はそれを見ていなかった…。たぶん男性は私たちがシロとピースを放しているのを見て、公園の入り口で立ち止まったのだと思う。私は帰ろうとしていて、置いてたお散歩バッグを持って振り向くと、ピースがゴル君と鼻をつき合わせていた!
ゴル君はリードにつながれていて、男の人は棒立ちになっていた。
この時点では双方緊張状態ではあったが、静止していた。なのに私は言ってしまった。
「あ゛!」
その声が引き金になり、ピースが飛びかかった。あわててコイとかcomeとか言ってもすでにコマンドきかず。あわてて捕まえようとしても捕まらない。
最低すぎ。
公園ノーリードで飼い主犬を見てなくて。リードつけた犬に駆け寄ってとびかかり、あげく呼び戻しできない…。
ありえないぐらいダメ。絵に描いたようなダメ。信じられないほどダメ。びっくりするほどダメ。なことをしてしまいました。ああ、もう。
(写真はノーリード時代に撮られたもの)
[PR]
by peacejrt | 2008-03-06 18:50 | Comments(3)