「ほっ」と。キャンペーン

ディスク犬への道のりは長いなぁ・・・byピース


by peacejrt
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2009年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

エアコンかけすぎ

a0040708_2057390.jpg

去年もそうだったのですが、夜になってエアコンを止めて寝ようとすると…。シロがはーはー言ってぐずるので眠れないのです。

でも一晩中エアコンつけてると、喉や関節が痛くなってきます。今朝は頭と首が痛かったです。思わず駅前マッサージに6000円を使ってしまいました。

んー、何かいい手はないですかね?

しかもシロちん、おしめ生活スタートから1週間後ぐらいにオムツかぶれができてしまいました。うーん、あっちを立てればこっちが立たず…。今後の相談も兼ねて病院へ。若いお姉さん獣医に介護の愚痴をさんざん語る…わけにもいきませんが、意外にも実家で老犬を看た経験があると言ってかなり親身に聞いてくれました。

待合室でもヨーキーを連れた男性がP婆の愚痴を聞いてくれたようで、かなりガス抜きになったようです。

病院にはピースも連れていき、診察室にも一緒に入りました。P婆は嫌がるけどシロのことをするときにピースをほっぽらかさないようにしています。おしめを変える、薬を塗るなど私とP婆がシロに集中するのでピースが置いてけぼりになってしまいます。シロの世話をするときはピースもシロの部屋に入り、横で応援団として頑張っています。本犬なりに一生懸命やってはいるようですが、残念なが全く役には立たないんですけどね(笑)。
[PR]
by peacejrt | 2009-07-29 20:57 | Comments(2)

初恋はコリー系男子!?

a0040708_10293668.jpg

今朝は雨上がりだったせいか、ロックくんはいませんでした、残念。それともピースがあんまりロケットチューをしたので、嫌われてしまったのでしょうか?

ピースの好みのタイプ、最初はよくわからなかったのですが、ここんとこ注意しているとだんだんわかってきました。基本的に毛の多いコリー系男子が好き。ボーダーでもシェルティでもいいのですが、中肉中背のノーブルなタイプ。ディスクドッグでいうとアッシュみたいな感じで、毛量の少ないボーダーはタイプじゃないみたいです。

以前、あきる野の動物王国に行ったときもトンボくんというコリー男子に異常な関心を示していたのです。

実は思い当たることがひとつあります。ピースがまだ4~5か月で公園デビューしたばかりのころ、初めて遊んでくれたのが、ブルーマールのかっこいいボーダー、ブルースくんだったのです。

ピースがどんなに乱暴にロケットチューをしても怒らなかった優しいお兄ちゃん。その後、ディスクをやり始めて土日に公園に行かなくなり、引っ越しもしたのでブルースと会うことはなくなりました。ピースにとっては優しいお兄ちゃんと遊んだひと夏の思い出のはずでした。

でもトンボくん、ロックくんに共通するムードがあり、それはブルースにつながっている気がするのです。大きさ、シルエット、たたずまい。彼らの雰囲気にブルースくんの面影を見ているんではないかと。あれはピースにとって初恋だったのかなー。

写真はお茶の水の喫茶店「穂高」のコーヒーフロート。最近、「普通の喫茶店」がマイブームなんです。
[PR]
by peacejrt | 2009-07-28 10:29 | Comments(2)

彼氏ができました!

a0040708_1091498.jpg

といっても私にではありません(笑)。

ピースといつも行っている公園に毎朝いるボーダーコリーのロックくん。

いつもピースチームが公園に行くと、ロックくんは奥の斜面(たぶんコービーがケガしたところ)でサッカーボールで遊んでいます。が、ピースはガウる可能性があるので基本他の犬のところには行かせないのですが、数日前すれ違ったので飼い主さんにご挨拶したら、ピース的に先方ワンがタイプだったみたいで。

なぜかロックくんにはフレンドリーでウサギ走り炸裂。ロックくんはちょっと引いてました。

写真は暑いので庭に出してもらえないピース。
[PR]
by peacejrt | 2009-07-27 10:09 | Comments(3)

怖い!

a0040708_229081.jpg

a0040708_229060.jpg

さ…貞子?
[PR]
by peacejrt | 2009-07-24 22:08 | Comments(0)

おりこうピース

a0040708_1142217.jpg

もともとピース家は母がフルタイムで働いている+会社まで1時間かかるため朝と夜の数時間しかふれあいタイム(笑)がないのですが、今は起きるとすぐにシロのオムツを変えなくてはならなかったり、帰宅するとすぐにシロのオムツを変えなくてはならなかったりするのでシロ爺さんにかかわる作業にかなりの時間をとられてしまいます。必然的にピースの相手をしてやる時間が少なくなり、「ちょっと待ってて、今シロが大変だから」とピースを待たせることが多いのです。

待たせたあげく結局ちょっとしか時間が残っていないので、足ふき爪きり歯磨きなどピースにとっては嫌なことが優先的に行われるので最近は私が近づくとバリケンに避難するようになってしまいました。

私が近づくと逃げていくのでかなりサビシイ(泣)。それだけピースにしわ寄せをしてしまったのね。

シロ爺さんがシッコするたび教えてくれるお利口さんのピースです。
[PR]
by peacejrt | 2009-07-23 11:04 | Comments(2)

シロ爺様ご帰還

a0040708_1032332.jpg

a0040708_10323319.jpg

昨日は朝シロが帰ってきて、昼には妹一家が遊びにきたので一日中大騒ぎです。

朝、Sさん夫妻がシロを連れてきてくれました。結局一週間預かってくれたのですが、交換ノートにその期間中の様子を書いておいてくれました。やはり夜はかなり鳴いたみたいで、ずっと一緒に寝てくれたみたいです。どうしてもシロが寝ないときはマッサージをしてくれたようです。大変ありがたいのですがうちにいるときより甘やかされていたようで、今日から大変だよ、こりゃ。

取り急ぎ今日からの作戦は、昼間なるべく眠らせないようにして、夜熟睡させようというものです。昼夜逆転しているのでなんとか直さないと。そのために今日は強力な助っ人、ガキどもを呼んであるのです。

とにかく、妹一家のガキどもは一瞬たりとも口を閉じていないので、シロもピースも居眠りするヒマもありません。よし、これで夜までシロを起こしておけると思ったのですが、夕方一家が帰ったあと、私もP婆もがきんちょパワーにやられ不覚にも寝ていまいました。

ふと気がつくと、シロもピースもグーグー寝ていました。だ、ダメじゃ~ん!
[PR]
by peacejrt | 2009-07-21 10:32 | Comments(0)

リフォーム(笑)

a0040708_2336671.jpg


いつまでもシロを預けておくわけにもいかないので、明日、シロが帰ってきます。
はっきり言って、いないとかなり楽です! ごめん、シロ!
でもシロはSさん宅でかなり楽しい生活を送っているという噂!?
なんでもS家には人間のおばあ様もいらっしゃるということなのですが、そのおばあ様がシロに毎日子守唄を歌って寝かしつけているとか(笑)。

P婆の腰もかなり治ってきたのですが、夜中に泣き出した時にわざわざ起きてくるのは大変だし、近くに寝ればシロも泣かないのではないか? ということで、シロのサークルの横にP婆のベッドを移動。このスタイルでしばらく乗り切ることにします。リビングにベッドがあってかなり変ですし、当分お客さんも呼べないですが(笑)まあ、いいや。

とりあえずこの先どんな状況になっていくかわからないけど、シロ爺も自分たちもお互いが辛くならないように、うまく暮らしていきましょー!

※ 写真はあたらしいシロのコーナーを事前検分するピース
[PR]
by peacejrt | 2009-07-19 23:36 | シロ | Comments(0)

シロのいぬまに

a0040708_104474.jpg

今週はシロがいないのでそのぶんみっちりピースと遊んであげようと思ったのですが連日の猛暑。7時を過ぎるともう暑くて遊べないですね。ようするにシロがいなくても寝坊はできないわけですよ。

今までは公園まで自転車びきで行ってたんだけど、行き帰りの道路上が日陰がないので車で公園まで行ってみました。公園は木陰がいっぱいだから、涼しいんだけど、なんか物足りないな~。動くと暑くなってしまうのでボール遊びもいまいちのらないP様です。

写真は土曜日に近所の河原に行ったら、夏休み限定の渡し舟が始まってたので記念(?)撮影。
[PR]
by peacejrt | 2009-07-16 10:44 | Comments(0)

シロの災難(3)

a0040708_20235546.jpg

家に帰ると、あたりまえですがシロはもういませんでした。シロのいた一角が広々してあーこの部屋こんなに広かったっけ? これはこれで広くて良いのですがね(笑)。でもやっぱりピースも寂しいみたい。

P婆と話し合ってP婆のベッドを居間に移動し、しばらくシロの横で寝てもらうことにしました。

とりあえずしばらくはその方法で試してみることにします。なんとか夜中に吠えるのさえ止められれば。安定剤も視野に入れなくてはならないかも。

シロの老犬ホーム行きはしばらく保留です。でも本当に預かってくれる人がいて良かった。おかげでP婆も冷静になって今後の対策を考えることができるようになりました。Sさんありがとう!
[PR]
by peacejrt | 2009-07-15 20:23 | Comments(3)

シロの災難(2)

a0040708_2144576.jpg

動物病院に電話をして朝一番で連れて行くことにした。朝、9時には出るからね!と言って用意しているとシッターさんから電話がかかってきた。前にP婆が入院した時にシロの世話をお願いした人だ。そしてなんとシロのことをしばらく預かってくれるというのだ。このシッターさんちにも老犬がいるので、昨日P婆が電話して近くに老犬を預かってくれるホームがないか聞いていたのだ。

とりあえずP婆と私は大喜び! やはり病院だとケージに入れられたままになるし、どうせ寝たきりだけど、今はまだ3回に1回ぐらいは立てるんだし、立とうという気力もある。おしめしてるくせに大騒ぎして立ち上がってトイレに行ってちーをして転ぶ。迷惑だけど諦めたらドッと老化が進んでしまうんじゃないかと思う。

その点シッターさんは今まで少しでもシロを歩かせようといろいろ工夫してくれたし、ベッドとサークルごと持って行って、今と同じ環境で預かってくれると言う。も~~! ありがとう! 感謝します!

早速動物病院をキャンセル。夕方に迎えに来てくださるというので私は会社に。夕方P婆からのメールで

「シロ、ポカンとしたまま連れて行かれました、初めて保育園に預けたときの様子にそっくり」

初めて保育園に? 誰を? 姪? 甥?

家に帰って誰を預けたときにそっくり?と聞くと私だそうです。なんだか納得いかないなあ。

ま、そんなわけでシロはとりあえず老犬ホーム行きの危機を乗り越えました。むしろ待遇が良くなるかもしれません。災い転じて福となすとはこのことでしょうか。

それにしてもこれからどんどん増えるであろう老犬介護。共働きの人がおおいのですからデイサービスが必要だー。今回調べた限り老犬を預かってくれるところはまだまだ少なく、しかも中型犬はますます難しいです。ホント
[PR]
by peacejrt | 2009-07-14 21:44 | Comments(0)