「ほっ」と。キャンペーン

ディスク犬への道のりは長いなぁ・・・byピース


by peacejrt
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2011年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

複雑な親心

a0040708_6315779.jpg

この週末、会社の企画で東北ボランティアに行ってきます。と、言っても、軽作業のよわよわボランティアらしいです。もっとガッツリ?お役にたてるといいですが、仕切りが会社なので、危ないのはダメ、これもダメ、あれもダメ、という感じでかなり骨抜きな内容らしいです。でも、何もできないよりはマシかと思って、行ってみることにしました。

そんなわけで、ピースはホテルにお泊まりです。昨日の夕方預けてきて、母親と夕飯を食べていたのですが…なんだか静かで…寂しいね、と話しているところに、ホテルから携帯メールで写真を送ってくれたのですが。

「あ、見て見て〜ピースご機嫌よさそうだよ」
あれ…。

…。

送られてきた写真のピースのしっぽが。

普段見たことないぐらい高速で振られているではないですか。

写真を見ながらなんだか複雑な気持ちになった母と私でした…。
[PR]
by peacejrt | 2011-12-10 06:31 | Comments(3)

私は負け犬

a0040708_15024.jpg


一昨日のことです。朝、公園は貸切でした。

私とピースはさんざんディスクで遊んで、そろそろ帰ろうと思って公園の出口に向かっていました。

すると、向こうからボーダーのハルちゃんとパパが公園めざしてやって来るのが見えました。ハルちゃんはまだ若く、イケイケな威勢のいい女の子なので普段からピースは近寄らないようにしています。若くて動きの早い♀はピースがケンカしてしまう可能性が高いからです。決してハルちゃんが悪いわけではなく、ピースの性格を考えていつも注意しているんですよね。

その日も、遠くにハルちゃんが見えたので公園の出入り口で鉢合わせするのを避けるため、入り口近くの事務所と公衆トイレの建物を迂回して、ハルちゃんを回避したつもりだったんです。

ところが、先方も同じことを考えていたのか? 建物を迂回したらハルちゃんにバッタリ! しかも悪いことにハル単独…。しかも建物が死角だったので距離が近い。 しまった! と思ってとりあえずピースを抱き上げました。ピースがハルちゃんを見つけてヴーーーと低く唸りますと、ハルちゃんもパパの制止を聞かずに唸りながら近づいてきました。ハルちゃんは普段パパの言うことをちゃんと聞いているようだったので、ここで呼びが効かずに近づいてくるというのは想定外でした。このとき、私急に怖くなってしまいました。私がどんなに高く持ち上げてもボーダーのジャンプ力なら楽々ピースに届いてしまいます。ピースはすでに「来るならきゃがれ〜」の臨戦態勢。ハルちゃんが飛びついてきたら飛び降りようと暴れまくるでしょう。果たして私はそれを支え続けられるか?両手でピースを確保したままハルちゃんを抑えられるか?

たぶん無理!

でもハルちゃんはボーダー特有の低い姿勢で間合いを詰めてきます。上目づかいに狙いを定め、ハルちゃんの筋肉が収縮しま…そのとき、私は思わず……なぜか高い声で「キャン!」と言ってしまいました。

その瞬間、今にも跳ぼうと身構えていたハルちゃんから力が抜け、ピースが変な声で「ひゃん」と鳴きました。ハルちゃんは首を捻りながらパパのところに戻っていき、私はピースを抱いたまま公園から脱出しました。しばらくそのまま歩いて公園から離れてからピースを降ろすと私はちょっと可笑しくなって笑い出しました。なんであんな変な声出しちゃったんだろ、自分。
ところが、ピースを見ると、すっかり尻尾が入っちゃって、帰り道に向かってすごい勢いでダッシュしています。さっきまでは「喧嘩上等よォ〜来るならきゃがれ!」という勢いだったのに、飼い主が降参の声を上げたのでいきなり怖くなっちゃったのかな?

それにしても自分がビビって「キャン!」と言ってしまったこと、それを聞いたハルちゃんが態度を変えたこと、その瞬間とても変な気持ちでした。問題はピースがその後公園に行きたがらないこと。今朝は散歩すら行きたくないと言っています。飼い主が「負け犬」だから、いっしょに歩きたくないんだろうか。私は信用を失ってしまったんでしょうか? せっかく今年の夏はチロルと仲良くできたし、コービーの弟アディくんとは仲良くなれそうなんで、ずいぶん他の犬に馴れてきたところだったのに、他の犬に変な緊張感をもたないでほしいなー。

自分の不注意が悔やまれます。それにしても、負け犬にはなってしまいましたが、不思議そうな顔で戻っていったハルちゃんの表情を思い出すとちょっと笑えてしまうのでした。
[PR]
by peacejrt | 2011-12-08 09:01 | Comments(0)